FC2ブログ

未分類

当面、この記事が常にトップに位置します。

投稿の時系列をキープしたいので、投稿日は事象発生日としています。
が、如何せん、なかなかタイムリーな投稿ができない(現時点で約半年のディレイが発生^^;))ので、アップを実施した日付でこの定型記事の日付を更新する運用をとっています。

小旅行

四国4県制覇 3泊4日弾丸ツアー(初日③)(2018年2月19日)

初日②からの続きです。>
上原屋の讃岐うどんにすっかり満足した後、本日最後の目的地の栗林公園へ向かいます。

文化度が低く教養も無い私は、「くりばやしこうえん? えぇ~、四国くんだりまで来て公園なんか見るのぉ?」と否定的な意見を呈したのですが、「香川で一番行きたいのは、りつりんこうえん!」と同行者の強い希望で訪問と相成りました。

入口で入園料を払い少し進むと、園内の案内をしてくれる観光ボランティアガイドの方が目に入りました。
先日の名古屋城訪問時に、ボランティアガイドのありがたさを身に染みて感じた私は、今回もすかさずお願いしました。
今回の方も、最初に持ち時間を聞いてくれ、それに合わせた案内ルートをとってくれるなど親切な方で、且つ主要なポイントを説明付きで案内していただき、ただぶらっと散策するのでは分からないことも知ることができ、本当に良かったです。

勿論、梅などもきれいに咲いていましたが、全体としては良く手入れされている(それもかなりの数の)松が印象に残りました。

(20180219)栗林公園①

(20180219)栗林公園②

ただ、お殿様に見せる為に紫雲山の中腹まで人力で水を運び、その水を桶に貯めて流して人口の滝を作ったとの話(桶樋滝)を聞いた際には、『殿様。お前、いい加減にしとけよ。』と時空を超えて心の中で少しイラっとしてしまいました。

それはさておき、これで初日の予定は全て完了です。
今日は琴平の温泉旅館でゆっくりと汗を流します。

<四国4県制覇 3泊4日弾丸ツアー(2日目)に続きます。>

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

食べ歩きうどん・そば

讃岐うどん 上原屋本店(2018年2月19日)

鳴門の渦潮を満喫した後、本当は骨付き鶏を食べたかったのですが、如何せん時間的余裕がありません。
高松自動車道に飛び乗り、急ぎ香川県に向かいます。

香川といえば言わずと知れた讃岐うどんです。

ガイドブックには数々のお店が載っており、本当なら何軒かハシゴをしたい位なのですがそうもいかず、営業時間とロケーションで上原屋さんに決めました。

カーナビを頼りにお店のそばまでたどり着いたのですが、アッと気づいた時には通り過ぎてしまいました。
交通量も少ない道だったのでUターンしたかったのですが、お店に面した道路は一方通行であった為それもかなわず、かなりの距離をぐるりと迂回して漸く駐車場へ。

新しい感じの店構えです。
中に入ってみると結構な広さです。
清潔感もあります。

カフェテラス的に天ぷら等のトッピングを選びながら、最後にうどんを注文するシステムで、ぶっかけうどん(¥350)とちくわ天(たぶん¥100)にしました。

で、席につき、まずはうどんを一口。

んっ!
もっちりシコシコです。
少し硬いかな位の、丁度良い感じの歯ごたえです。

おつゆもいい感じ。

なるほど、これは美味しいなぁ。
讃岐うどん、流石だなぁ。

(20180219)讃岐うどん 上原屋本店
讃岐うどん 上原屋本店うどん / 栗林公園駅栗林公園北口駅三条駅(高松)
昼総合点★★★★ 4.0
香川県高松市栗林町1-18-8

よろしかったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : うどん・そば
ジャンル : グルメ

小旅行

四国4県制覇 3泊4日弾丸ツアー(初日②)(2018年2月19日)

初日①からの続きです。>
いのたにの徳島ラーメンの余韻もそこそこに、鳴門へ急ぎます。

徳島まで来たからには、やはり「鳴門の渦潮」を見ておきたいものです。
どうせなら、船に乗って間近で見たいものです。

ところが、(自然現象なので言われてみれば当たり前ですが)渦潮には見頃の時間帯があり、その時間は毎日変わるとのこと。
更に、時間によっては渦潮のない場合もあるとのこと!
ということで、事前に「潮見表」を見て立案した乗船スケジュールに遅れるわけにはいきません。

どこの世界でも1強独占ということはなく、調べてみるとこちらの観光業も「(株)うずしお汽船」さんと「鳴門観光汽船(株)」さんがしのぎを削っている様ですが、今回は割引券の関係で後者にしました。

鳴門観光汽船(株)の「うずしお観潮船」。
(なんだか紛らわしいなぁ。)
(20180219)鳴門観光汽船①

「わんだーなると」なる結構かっこいい船に乗ります。
(20180219)鳴門観光汽船②

大鳴門橋。
立派な橋だなぁ。
(20180219)大鳴門橋

わくわくドキドキしながら観潮スポットに着いてみると、、、
めでたく渦潮を見ることができました。
(20180219)渦潮②

想像していた以上に迫力があり、充分満足できました。
(天気が良ければもっときれいだったんだろうなぁ。)

<初日③に続きます。>

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

食べ歩きラーメン

いのたに(鳴門店)(2019年2月19日)

「四国4県制覇 3泊4日弾丸ツアー」、初日最初の食事です。
徳島県に来たからには徳島ラーメンは外せないでしょう。

本当は何店か食べ歩きたかったのですが、スケジュールがタイトなので、営業時間と行程上の利便性から、いのたに(鳴門店)さんにすることにしました。

店構えはラーメン屋さんぽくない感じ(地方の営業所っぽい感じ)ですが、道を挟んだ向かいにある駐車場に車を停め、いざ店内へ。

細長いカウンターの様な不思議なテーブルと丸椅子の席が4列と、通常のテーブル席が2つ位あります。
私たちは3人だったので、通常のテーブル席に案内されました。
チャキチャキな感じのおばちゃんに促され、厨房脇で注文を告げ、プラスチック製の食券札をもらいます。
中華そば(中)(¥550)にしました。

程なく着丼。
ビジュアルは想像していたものとは異なっていました。
「徳島ラーメン」といえば、スープ表面が茶色いお肉で覆われ、その中央に生卵が乗っているものをイメージしていましたが、そうする為には、中華そば肉入に玉子をトッピングする必要があったようです。

それはともかく実食です。
ビジュアル同様、味の方もイメージとは異なるものでした。
もっとコッテリてりしたものを想像していましたが、スープはあっさり目、麺も自己主張の無いもので、全体としてとてもさっぱりした印象を受けました。
地元の人が日常的に食べている、地元に根ざした「普通のラーメン」なんだろうなぁとあらためて思いました。

(20180219)いのたに
いのたに 鳴門店ラーメン / 鳴門駅撫養駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5
徳島県鳴門市撫養町南浜字東浜34-24

よろしかったら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

プロフィール

そーめぐ

Author:そーめぐ
そーめぐのブログへようこそ!

ごあいさつ
ようこそいらっしゃいました。 食べ歩きや、自転車について徒然なるままに書き散らかしています。
検索フォーム
FC2カウンター
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム